スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありゃりゃ?あっという間に稲刈りから1ヶ月経ったのです。

2012年10月31日 01:34

あれよあれよという間に、前回のブログ更新から1ヶ月。忙しいのか、暇なのか?
ちょっと微妙な期間でしてね。

こまごまといろんな事をしておりました。りんごを出荷していたり、個人のお客様におコメを販売、配達していたり、研修会に行ってみたり、農協青年部の活動をしていたりと。

その中で最近の行動としては、印象に残った研修について。

10/18に、花巻にある、盛川農園さんにて、汎用型コンバインによる稲の収穫を行いました。
汎用コンバインとは、水稲、麦、大豆、ソバ、ナタネ等の収穫作業を1台で行うことができる、なんとも便利な
コンバインでして、多角経営をしてらっしゃる農家さんには、重宝するコンバインです。

あ、盛川さんってのは、花巻で計64ヘクタールもの広大な農地を管理されている、全国でも有数の農業者さんです。

ちなみに、汎用型コンバインってのはこんな感じのモノです
IMG00046.jpg
いつも見てるコンバインと形がどこか違う?って違うとこだらけなんですが(笑)
前にある、クルクル~っと回るドラム部分で作物をすきこむような感じで収穫をしていきます。

この機種はクボタのWRH-1000。101馬力もある、とんでもないシロモノです。

いつも、私達が見ているコンバインってのは、自脱型コンバインと言いまして、前にツメみたいなものが付いているのをよく見ると思います。自脱型は、主に稲と麦を収穫するのに適しているのに対して、汎用型はさらに大豆や、なたね、そばなども収穫できます。

いい事づくめのように見えますが、デメリットもけっこうあるんです。まずは大きさ。自脱型コンバインより、多少大きい。
さらには収穫スピード。これも多品種に対応するが為の弊害です。自脱より3~4割程度遅い。

自脱型は、その穀物に適した刈取り、脱穀方法で収穫できるので、その分収穫スピードが格段に速いのです。
今の自脱型のコンバインですと、1.5~2m/sの速さで収穫できるものもあります。まあ、あまり早く刈取りすると、ロスが増えますが。

それに比べて汎用型はだいたい0.6~1m/s程度。大規模な農家さんにとっては、一刻も早く収穫し、製品にしたいところ。
この収穫スピードで果たして上手くやっていけるのか?これははなはだ疑問です。


ほかにも違うところとして、脱穀方法が違います。私は中の構造はよくわかりませんが、自脱型ですと、もみとワラとを分けて収穫できますが、汎用型ですと、もみが付いたワラごと収穫して、ワラを粉砕して排出するという機構をとっています。
ワラもこぎ胴の中に入ってしまうので、脱穀のロスが少々あります。

様々なデメリットもありますが、それを検証するというのが、今回の主旨。

実際に収穫している様子ですが
IMG00048.jpg
なかなかどうして、見事な収穫っぷりでした。刈り残しもほとんどありません。

結果から申し上げますと、脱穀性能に関してはほぼ申し分なし。それほど脱穀には満足しています。が、やはりネックなのは
収穫スピード。とにかく時間がかかる。解消するには、稲に適したアタッチメントを開発するか、早い収穫スピードでも耐えられるような脱穀方法の改善が必要だと感じます。または刈取り部をもっと幅広くするとか。皆さんいろいろ意見を出し合って、今後の改善になるよう、真剣に取り組んでいらっしゃいました。

栽培が稲のみしかないウチにとって、汎用型コンバインはまず必要が無いモノ。しかし今後農地を拡大したり、栽培品種を増やしたりと、多品目に対応しなければいけいない時期になったときは、選択肢の一つにはなるだろうと考えております。

まずは、収穫の早さと、それに伴う脱穀性能の強化。

この2点に集中して考えていけばいいかなと思って言います。
スポンサーサイト

ライフライン全て確保。

2011年03月14日 00:04

3月13日、22:30に電気復旧。とりあえずこれで全てのライフラインは確保できました。
しかし、食糧や燃料(ガソリンや軽油や灯油)は依然購入困難or不可能な状態です。内陸でこれほどなんです。沿岸部ではもっとひどい状況です。ライフライン全て断絶、津波で町は崩壊。とにかく逃げるか、耐え忍ぶのが精一杯。

まだまだ正常化には時間がかかるかと。まともに購入できるのは、いつになるのか…です。

食糧はある程度持ちこたえられます。燃料はちと厳しいです。
今年まともに農業できるかどうか危うい状態。

しかし、こんな中、嫁は14日より出勤。嫁がかわいそうです…1日も早い復興を願うばかりです。

「普通」に戻るのは何時になるやら…です。

東北地方太平洋沖地震。

2011年03月13日 18:33

3月13日、18:00現在岩手石鳥谷の田舎の方ですが、まだ電気が復旧していないせいか、携帯が繋がりにくい状態です。現状を記録しようと思い、書かせていただきます。

この辺では、ガスや水道は大丈夫でした。ガスは都市ガスとは違い、各家庭にボンベにて供給されているので、ガス大丈夫でした。

電気はまだ復旧していません。岩手の半数は復旧しているようですが、ウチではまだ…やはり田舎はまだかかるようです。

内陸部では甚大な被害はありませんが、ガソリンや灯油の購入が困難or不可能な状態。食糧はまだ備蓄あり。
例え電気が復旧したとしても、節電の為、必要なところ以外は使わないようにします。それが多少ではありますが、沿岸部の方達の為になるかと思います。

沿岸部の被害は甚大です。4~7m以上の津波があり、海岸から10kmぐらい陸地まで津波が押し寄せました。無くなった方も300人を越しましたが、これからまだ増えるかと。
さらにはライフラインが完全に無くなり、安否確認もままならない。連絡の取りようがない状態。通信連絡網が寸断されています。
知事が海外や政府に64機のヘリコプターを要請し、沿岸部に配置したそうです。アメリカの救援部隊が岩手の大船渡へ向かったそうです。そのほかラジオや懐中電灯、水、食糧などなども要請。
陸地が広い為、救援物資を届けるのが非常に厳しい状態。

今できる事は、とにかく耐える事。それだけです。

カオスな日。

2011年02月14日 21:44

今日は、世の男性方が、いたいけなオーラを発しまくり、天に祈祷をささげる日。
そう、それは聖なる日とは無縁の利権うずまく混沌の日。

ま、よーするにチョコ貰えるかどうか、悶々とする日なんですわ。
そんな僕は、フライングで2/11にすでに貰い済み。嫁が会社でチョコを買ってきてくれと頼まれたようで、そのついでに貰っちゃいました。

嫁はいろいろ趣向を凝らしたチョコを探していたようで、よーやくその思いが結集されたモノが見つかったようです
img_452358_11840951_0.jpeg
吉野...ん?吉田家?
おいおい、パクリというか、まんまじゃないか!?見つけた瞬間、会社の方々が、ひいちゃうんじゃないかと心配したが、それについては大丈夫だったようだ。
中身を見たかったのだが、会社に持っていく物だったので、あえなく断念。すんごい気になった商品でした。


「何味すんだべ!?」

それが一番の疑問です。

あ、今年も来た。そして今年も僕が!?ってかこれからずっと!?

2011年01月17日 23:09

そーいや去年、やったっけなコレ
1101117_224535.jpg
そう、青申。12月に大きな会場で説明会があったんだけど、急遽の用事が入り、そっちのは行けなかったので、今回のは必ず行かないと。去年も行ったので、な~んとなく場の雰囲気とか、何を話しされるのか分かるんですが、今年は「所得保障」があったからね。そこんとこ聞かないと。

んで、親父からいきなりコレを手渡されました
1101117_224535 (1)
すんげー簡単な表紙。まあコレをいろんな人に配るんだから、お金掛けてられないよね~。中身見てみると
1101117_224535 (2)
記述の記載例が載っていました。隣のページには
1101117_224535 (3)

さっきとまったく同じ表が。コレに書けって事ですよね?
ふと思ったんだが、コレって毎年やることだし、毎年使うよね?これしきの表だったらExcelで表作ってやりゃあいいんじゃないかな?この程度の表やデータ作成なら余裕で作れるし。時間ある時に、まったく同じで合計が出るように作ってみようと思います。

去年、あることがきっかけで青申やることになったので、そんなに分からないことはないんだけど、どれがどの項目に入るのか探すのが大変なんだよねー。領収書を片っ端から見て分けていかなきゃならんし。
こういうのを簡単にできるソフト、あるんだろうな~。でも自分で分かりやすく作ったほうが後々ラクだろうとも思う。
明日からさっそくExcelの表作りしよ。

ま、こういった作業、キライじゃない。むしろ楽しいんで喜んでやります。ドンと来い!ワタクシと書類との何日かかるかわからない、ちょっと長期戦にもなりそうな予感のにらめっこ開始です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。