スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種まき2回目と苗の移し替えの日。

2010年04月15日 21:19

昨日の雪はなんだったのか?といわんばかりの晴天だったので、本日は2回目の種まきを!
と、その前に1回目の種まきが終わり、芽を出すための加温が終わったので本日はハウスへの苗の移し替えを行いました。

DVC01 (3)

電熱育苗機前での会合。左の方は今日手伝いに来てくださった親戚の方です。
父はいつものようにワタクシのお古のVodafoneジャンパーを着こなしています。もはや父は農家を通り越して携帯電話売りのスタッフになろうか?といわんばかりの装着率です(笑)


親戚「コレをどうするんのっす?」

父「コレをハウスさ持って行って、ならべるんのっす~」

と、確認の話も終わり、合計696枚の苗を取り出し、いざハウスへ!とその前にどのくらい芽がでたかちょっと確認

DVC01 (1)

フムフム、まあまあかな?(ワタクシ目線)もうちょっと目を凝らして見てみます

DVC01 (2)

ちょっと芽が出ていない部分もあるような...気がするのですが、父曰く

「だいじょーぶ。この程度なら。」

ワタクシ、その言葉信じますよ?信じて良いんですね?と自問自答しながら、いざハウスへ~

DVC01.jpg

って、ワタクシが行った時にはすでに移し替えしゅーりょー。現場を写したかったのに、違う作業を命じられ、撮影不可でした(泣)

ウチはプール育苗ではないので、ちょっと手間がかかります。ですので、かん水作業がなんと時間がかかることやら...

継枝家では、だいたいかん水は4~5日後に行います。理由は苗箱の地温を下げてしまう為。それどころか、かん水を最初のうちにたっぷりしてしまうと、根の伸びが悪くなり、カビの発生も多くなってしまうからです。
育苗機から出されたばっかりの幼い苗は、それほど水分を必要としません。逆に水分を摂ろうとして根を伸ばしていくので、かえって根張りが良くなります。

ハウスのへの苗の移し替えは2時間で終了。10時のこびりタイムの時間です。

そういえば、農家って10時と3時におやつタイムをよく取りませんか?この辺ではそれが常識になっているので、ワタクシも全然違和感を感じません。ちなみに「こびり」とは、この辺の方言で「おやつ」の意味です。

2回目の種まきも3時間半で終了。また同じ枚数の苗696枚を電熱育苗機の中へ。

DVC01 (5)

ベニヤ板でシートを支えているのは、風防止と、猫防止の為です。ウチ、猫が3匹もいるもので、よくこの電熱育苗機の上で遊んでばっかりいるんですよ~。

DVC01 (6)

ヒーターの温度を29℃に設定し、本日の作業は終了です。今日の気温は7度でした。いつもの7度であれば、全然寒くないのですが、強風の為、体感温度がものすっごい寒い!日でございました。しっかし4月なのに、なしてこんなに寒いんですかねぇ。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。