スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトなスケジュール。

2010年05月11日 01:13

今日は午前中代かき、午後は田植えという、なかなかありえないスケジュールを敢行しました。
まずは午前中の代かき。他の中に入ってトラクターをグルングルン運転しています。
コレ、けっしてドリフト走行しているのではなく、遊んでいるワケでもなく、土を高いトコロから低いトコロへ移動しているトコロ。
はたからみると、なにかキレイな模様でも作って遊んでいるんかな?なんて思わせぶりな様子です(笑)
bDVC00061 (6)
bDVC00061 (7)
後ろの代かきロータリーを回さずに土をグーッとかきだし、低いトコロへ持って行きます。
その後、ワタクシの出番で、この田の代かきを命ぜられました。
bDVC00061 (8)
ん~!さすがにキャビン付きはイイ!寒い風にも当たらないし、なによりラジオがちゃんと聞こえる!キャビン無しのトラクターだと、エンジン音でかき消されてぜ~んぜんラジオが聞こえないんですから。

さすがに、5反もある田んぼの代かきは1時間程度では終わらなく、午前中ほぼ代かきっぱなし。意外に疲れるんですコレ。ただ乗っているだけではなく、周りを見たり掘った後を確認したり、ロータリー部分が畦にぶつかっていないかなどなど...

そんなこんなで午前中あっという間に終了~。
午後は田植えだあぃ!
bDVC00061 (9)
その為に、田植え機を移動してくれと父に頼まれ田植え機で爆走中。けっこう早いんですよ田植え機って。圃場用と路上用とあって、路上用は人の早歩き程度はぶっちぎります。ちょっと楽しいですヨ、こういうの運転するのって。

bDVC00061 (10)
午後の田植えの最中、ちょっとしたトラブルが...それは
bDVC00061 (11)
メチャクチャでかい走り跡が。これは田植え機が引っ張られて進んだ跡。
なにで救出したかというと...
bDVC00061 (12)
はい、我が家のキャビン付きトラクター。コレで田植え機を引っ張り上げました。
こ のロープワイヤーを使って
bDVC00061 (13)

ウチでは、このような田んぼが他にもいっぱいあり、今回はたまたま午前中に代かきしていたトラクターが近くにあったから良かったものの、 なにもなければおそらく人力であげたと思います。人力ははっきり言って無理でしょ~。

午 後の部の田植えがあり、今度は田に水をひくための仕掛けを替えてみることに。
bDVC00061 (3)
このようなモノが至るところに点在しています。
コレを開けて、田に水を引く んです。
実はこの辺の田んぼは川の水位よりずっと高 く、電気で水を引っぱっています。
しかも、水を向ける場所はすでに決まっている様子。んだとワタクシこれ覚えて行かなければならんなぁ。

この水に関してちょっとした議論が。
いつもは水を使う為にも順番があり、指定された田んぼ以外には水が行くことはない、という風に。
しかも、コレを使うには年間20万程度の金額を支払わなければなりません。利権うずまく継枝家。中には支払っていない人もいて、そんな人には水はやらん!という事が望ましいのです。
コレに関しては組合を作っているので、そこで解決すべき問題だと思っております。
明日は どうやら完全休業日のよう。という事は明日は完全フリーだ~!って喜んであったら父から

「田んぼの代かきが、まだま だあるので、やらな きゃならんかもしれんなぁ」

だって。モチベー下がりまくりでがんす~。やっぱ農業に休みはないなぁと感じた日でありました。





スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。