スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植えも終わり...さて次は?

2010年05月20日 07:33

よ~やく今年分の田植えも終わり、一段落した継枝家。aDVC00038 (5)
ウチの猫もぐて~~っと気持ちよく休んでいます。

さて、今年の委託分はなんとか終わり、あとは田植えのオペレーターぐらいしか頼まれることがないので、早々に代かきロータリーを片付け、今日は「肥やしふり」を行うことに。
肥やしはコレ。
DVCw00006 (3)
DVCw00006.jpg
製品名「つぶっこ」
なんか食い物の名前に似たようなものがなかったっけ?...まあ気にせんで~
ご覧の通り、21%なので、20Kg中4.2Kg分が窒素分で、袋にも書いてあるとおり、硫安です。コレを
DVCw00006 (4)
噴霧器に入れ、田に放ってきます。以前の除草剤用の噴霧器よりはクセが無いのでエンジンがかかりやすーい!

DVCw00006 (2)
ちょっと眺めのノズルを使い、だいたい15m~16mほど肥料を飛ばしながら噴霧します。これで3反の田んぼ両サイドから噴霧するとちょうど良い感じに。

このように
DVCw00006 (1)
「ブオォォォ~」というけたたましい爆音を周りに響かせながら、どんどんと蒔いていく父の姿。今年はワタクシにはやらせないようですが、いづれワタクシがやるようになります。簡単に蒔いているように見えますが、あの機械に20kgの肥料入れながら歩いてるんだから、結構な重労働デスよコレ。

似た肥料に「尿素」を使ったモノもあり、硫安の強力Versionと思っていただくと想像しやすいです。ウチは尿素は使っていませんがね~。稲の生長を促すのと、ワラを腐らせる役目もあり、重要な作業です。毎年田植え終わって2~3日後に行うのでもう恒例行事みたいまモノ。

この作業には時間はかかりません。3反の田んぼにさえ、5分とかかるかどうか。なので午前中でほぼ肥料まきは終了。

あとは水を管理しながら、しばらくはほっとく(といっても草刈などなど、やることはけっこうありますが...)。
冷夏予想がでてますが、どうなるんだかねぇ~。なんとか日照時間が増えて順調に育って欲しいモノです。






スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。