スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時期外れのお米。

2010年11月04日 01:02

稲刈りも終わり、一息ついた今日この頃。秋の耕起シーズンです
qDVC00031 (1)
秋に田んぼを耕すのは、稲刈り後の稲ワラなどを土と混ぜる為。稲ワラはやがて土に返り、来年のお米の貴重な栄養源になります。

そんな中、ふと田んぼの端っこのほうを見てみると...
qDVC00031.jpg
なぜかまだ刈り取られていない稲が。コレにはチョットしたワケが...
この稲が生えているトコロは、ちょうど田んぼに水が入る部分。問題はその水にあって、この水に一部井戸水が混入されています。井戸水って冷たくって、稲の育成上好ましくありません。毎年この井戸水をなんとかしようと、対策を講じてきたのですが、いまだ実を結ぶことは無く困った事に。

来年からは、この田んぼを自分が管理せねばならん為、水管理には非常に気を配る必要があります。

それともう一つ来年に向けての対策。雑草に対して。今年は例年になく異常なぐらい雑草は生えたな~。雑草の育成スピードと草刈のスケジュールがまったくかみ合わず、雑草に負けそうになったことも。なんてったって雑草生えるの早すぎ!!ほんと異常だった(汗)雑草に対しては除草剤を撒くことも1つの手だが、やっぱり少し手間がかかっても、田んぼに入って草取りをするのが一番かなやっぱり。

ほんっと草だけはなんとかならんのかね~。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。