スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族プチ旅行。

2011年08月16日 23:52

気づけば8月も後半にさしかかり、稲刈りまで1ヶ月を切ろうとしています。そして気づけば1ヶ月もブログ更新放置。ヒジョーに自分を責めたい感じです(泣)


さて話はつい先日の事。私達親子3人で温泉へ宿泊に行ってきました
CIMG1304.jpg 
場所は「森の風 鶯宿」。岩手では超メジャーな温泉です。けんじワールドが隣接されている、という事で有名です。
雫石にその温泉はあるのですが、最近そんなに遠出をした事がなかったせいか、行くだけでちょっとウキウキ気分に。
ハンドル握る手も楽しかったですヨ。

CIMG1306.jpg 
初めて「森の風 鶯宿」に来たのですが、着いて一言


「デ、デカイ...」


東京かどっかの格式あるホテルか!?と思わせるほどデカく感じ、そう感じる事に「あ、オレって田舎モンだな(笑)」としみじみ思っちゃいましたね。


宿泊は1泊だけでしたが、と~っても有意義な1日だったことには間違いなかったです。
HPで、いろいろ情報を仕入れてから来たのですが、それ以上の感動があり、ほんと行って良かったと思ってます。


最初の感動はご飯。夕ご飯が会席膳で、見たことないような食材ばかり。ただ、ワタクシ生ものが食べられないという、人生の半分を損しているような食生活のため、会席膳の感動が薄いのですが、嫁や息子が
CIMG1308.jpg 
おいしそうに食べているのを見て「連れて来て良かったな」って思いました。2人の笑顔を見て僕の分の感動は満たされました。


夕ご飯の後、催し物があるというので、それを見に行くことに
CIMG1307.jpg 
現場へ直行する為、息子は張り切って階段を上っております。途中、宿泊客の方々に応援されながら目指すは2階へ
CIMG1311.jpg 
2階は主にイベント用の階のようで、プチ縁日が開かれておりました。コレはコレで良かったんですが、僕が良かったな~と思ったのが
CIMG1312.jpg 
CIMG1316.jpg 
従業員の方がたによる、太鼓披露。これがとても力強かった。「命の鼓動」とでも申しましょうか。ズンズンと響く音が心地よい。
息子はちょっとビビってましたが、良いモノ見たな~と思いました。そしてそれ以上の感動を覚えたのが
CIMG1313.jpg 
CIMG1314.jpg 
「さんさ踊り」の披露。コレが激しいのなんの。さんさ踊りってこんなに動くんだ!と改めて思いました。
実際本物を見るのが小学校以来だったので、スゴく新鮮な気持ちで見ることができました。
さんさ踊りっていろんなバリエーションがあるんですね。今回この催しを見て初めて知ることができました。
CIMG1315.jpg 
途中、さんさ踊りの由来を紙芝居でわかりやすく解説していただき、とっても楽しめた催しでした。
ちなみに、さんさ踊りの由来はコチラ↓


その昔、南部盛岡城下に羅刹鬼(らせつき)という鬼が現れ、悪さをしてあばれておりました。困り果てた里人たちは、三ツ石神社に悪鬼の退治を祈願しました。神様はその願いを聞き入れて悪鬼たちをとらえ、二度と悪さをしないよう誓いの証として境内の大きな三ツ石に鬼の手形を押させました(これが岩手の名の由来だと言われています)。鬼の退散を喜んだ人たちは、三ツ石のまわりをさんささんさと踊り回ったのが「さんさ踊り」の始まりだと言われています。


「たまには温泉もイイもんだな」と感じさせる、良い2日間でありました。



ブログランキングに参加しています! 1日1回、ポチッと押していただけると嬉しいです!よろしくお願いします!
人気ブログランキングへビジネスブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。