スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じーちゃんの特技。

2010年04月13日 01:09

今日は、ウチのじーちゃんについて1つ。

じーちゃんは今年で86歳を迎え、今も元気に毎日農作業をしています。
それはそれは働き者のじーちゃんで、なんにも作業がなくても、良かれと思って必ずなにかしらの作業をしています。
そんなじーちゃんが、「昔は朝も全然早く起きてこないで、怠け者だったんよ~」とばーちゃんから聞いた時には、不思議でなりませんでした。
ワタクシが見た限りでは怠けている様子なんて1つもありませんでしたから。

そんなじーちゃんには、特技が1つ。種もみでも、玄米の状態でもよいのですが、握って重さを当てるという、かなり特異な能力があります。
いつも

「どうやって量ってんの?」

とワタクシが聞いてはみるものの、

「ん~なんとなく」

という答えしか戻ってきません。

コレばっかりは、父でも会得する事は難しく、たまに父に試しにやらせてみても、全然当たりません。
これが「長年の経験」なんでしょーね。

じーちゃんは大正生まれのひじょーに温厚な人で、なにがあってもどっしりと構えているスゴク頼りになる人です。
戦争を経験し、それから60年以上も稲作に従事し、ここまでウチの農業規模を大きくしてくれました。
食べ物が無い時代を経験してきたじーちゃんは、お米がいかに大事かということを身をもって体験したそうです。
今は父がほぼ稲作の中心になっていますが、水の管理や田んぼ特有のクセなどを聞くときは、必ずじーちゃんに相談します。それほどまでに、ワタクシも父もじーちゃんを信頼し尊敬しています。

そんなじーちゃんもかなりの高齢の為、なにか作業を行った後の休憩が長くなってきました。86歳です。ふつーの家だったらとっくに隠居し、優雅な老後生活を過ごしていても、おかしくありません。
でも、じっとしてられないのもじーちゃんの性格です。
ワタクシが

「じーちゃん、休んでて。ここはオレがやっとくから」

なんて言うと、じーちゃんは

「ここはオラがやる部分なの。ほかの誰にもやらせたくない!」

なんて言います。

自分の作業に責任をもつ。これがじーちゃんのポリシーなんだそうです。


小さい頃からずっとじーちゃんの背中を見てきました。おそらく父以上にじーちゃんの事を見てきたと思います。そんなじーちゃん、これからも長生きしていってください。いつまでもいつまでも長生きし、ワタクシの心の支えとして居て欲しいと思います。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. A-GYO | URL | -

    初コメントです。
    素敵なお祖父さんですね!うちのじーさんは3年ほど前に亡くなってしまいましたが、今になって、「もっと色々話したかったな」と。

    農業の考え方、技術の口伝、戦争のこと。

    お年寄りが一人なくなることは図書館が一つなくなることと同じといいます。

    是非、元気なうちに色んな話を聞いてください。きっと話してくれるはずです。それが
    「孫」の特権ですから(笑)

    あ、それとリンクありがとうございました!

  2. nao | URL | -

    (A-GYOさんへ)

    コメントありがとうございます!

    そうなんです。ほんと何でも知っていて、しかも昔の事ほどよく覚えているようで、誰と何処に何しに行った~などという話しをよくします。
    農業の事に関しても、知恵もそうなんですが、考え方が非常に勉強になります。特に昔の農業の仕方について。
    今のうちにいろいろ聞いて、自分の為、ひいてはこれからの継枝家の為に生かしていきたいと思います。

    リンクの件、こちらこそありがとうございました!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komenoukanao.blog6.fc2.com/tb.php/17-1f6131b1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。