スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今が旬ですよ。

2012年09月15日 16:32

IMG004350.jpg 
9月、りんごの季節です。
この時期、ウチはおコメ農家なので、「さあコンバインだ~、乾燥機だ~」と騒いでいますが、周りの農家さんは、絶賛りんご収穫中です。



今の時期に収穫される品種は、つがる、きおうなど。例年に比べ、収穫スケジュールがちょっと遅めになっていまして、きおうなどは、もう収穫終わっていても不思議ではありません。



ここは、地元の選果場。その名の通り、りんごを選別する場所です。
複数のりんご農家さんたちが集まり組合を立ち上げ、その組合員の方々がその日に収穫したりんごを
選果場にて箱詰めして市場へ持っていくという事をしております。 作業は12月の中旬まで続きます。



設立は昭和58年。建物もその58年当初のままです。ちょっとした歴史があります。



この地域では大なり小なり、ほぼりんご農家さんがほとんどです。
大きいりんご農家さんですと、ある程度出荷先が決まっていたり、贈答用のりんごの注文などがあったりなど、売り先が確保されているところもありますが、小さいりんご農家さん(ウチみたいなところ)などは、作っても売り先が無く、せっかく作っても食べてもらえない、などという事があります。



売り先を自分達で探さなければならないのが通例かと思いますが、なかなかそうはいかないってのが現状。



そこで、この組合なのです。売り先をしっかりと確保していますし、なにより一度に多くのりんごを市場へ出荷できるというメリットがあります。



この組合ですが、ほとんどの方が50~80歳の方々。30~40代の方は私を含め3人程度です。
農家の一番の問題である、高齢化がもう目の前にあるのです。
後継者がいる農家さんもいらっしゃいますが、ほとんどの方が後継者はいません。
こんなにたくさんのりんごの木があっても、「自分の代で終わるかもしれない、いや終わらせなければならない」
と切なそうに語っていた農家さんもいました。



これも時代の波か...と考える反面、法人化してなんとかできないかな?と考えてしまうこともあります。
ただ、会社にした場合、農家さんにも、社員やパートさんにもそれなりのお金が支払わなければならない。
こと、社員さんには、一時期だけの雇用というわけにはいかず、通年雇用が求められるワケで、
社員さんを維持できるぐらいの財務体系にしなければなりません。



おコメやりんごの価格が年々安くなってきているこの時代、様々な問題に直面している時なのです。



そんな現状の中、暑い日々でありながらも、毎日りんご畑を回り、いろいろと手をかけ、立派なりんごを作っていらっしゃいます。 手のかけ方などは、私なんぞは足元にも及びません。




自分が就農してから、この選果場にも手伝いにいっているのですが、この組合は活気がありますし、
ほんと皆さん元気です。
収穫してヘトヘトなはずなのに、夜6時にはこの選果場に集まり、仕事をしております。
自分が、なにも農作業をせずに、この選果場に来て「しんどい、疲れる~」などとほざいているのが
申し訳ないぐらいです。



ウチのおコメも大事にしていきたいと思っていますが、この組合も大事にしていきたいと思っています。
自分も元気なうちは、ずっとこの選果場に来て、手伝っていこうと思います。



みなさん、どうか元気でやっていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://komenoukanao.blog6.fc2.com/tb.php/190-e51da455
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。