スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年のりんごのお話。

2013年12月14日 01:07

7月からの、持病悪化により、今年はなんと農業に精がでなかったことか。


ウチの主幹産業の稲作、稲刈りも親父とお手伝いさんの二人で、ほぼやりきる事が出来てしまって、俺いらねんじゃね?って思えるほどの動きしか出来ず(T-T)


はよう治れ病気!


そんなこんなで、もう12月なのですが、最近になって、よく考えていること。


それは、来年植えるりんごの品種について。


我が家では、りんごがどーしても主幹産業ではないために、疎かになりがちです。もちろんのこと、そんな作り方ですと、着色は悪かったり枝ずれ、枝かげなどが多くあり、そのたびに


『あ、また今年も上手くできなかった~』


と思える出来になってしまうのです。決してふざけてやってる訳ではないのですが、どーしても手が足りず、このような結果になりがちで。結局は言い訳なんですが…


そんな中、ウチで作っている品種のうち、ジョナゴールドに今回はメスを入れようかと考えているのです。


個人的にはジョナゴールド、好きな品種です。好んで食べますし、なんといってもあの酸味がたまらない!と思って食べてます。


が、市場ではなぜかそれほどでも…というより、この辺りで作っているジョナゴールドを、出荷組合経由で、石巻青果にて販売すると、毎年どエライほどの金額で下がっていく価格。


いくら主幹産業ではないウチでも、ここまで下げられると、栽培意欲が下がるってモンで、それならばいっそ改植してしまっては?と。


さっそく調べてはみたものの、自分で調べる品種には限界を感じ、やはり専門家に聞くのが一番!と思い、近くのりんご農家さん数人に聞いてみました。そこで出てきた品種をいくつかピックアップしてみました。



201002_takano_13.jpg 
藤原ロマン。収穫時期が11月なので、稲刈りで忙しいウチにとってはなんともありがたい!そしてなんといっても省力化が期待できる!正直言うことナシです。出荷先もJAでいけるので、それこそ選果の手間も省けます。市場にもいくらか出回ってきてますが、まだそれほど多くはないのではないかと...


08271032_521c019e7bf7d.jpg 
紅いわて。収穫時期は9月下旬から10月頭。コレは稲刈り時期と丸かぶりで、ちょっと...と思ったのですが、さほど手をかけずとも着色がよいと聞き、候補のひとつにしました。これもJAに出荷できるので、手間が省けてなんとも助かります!


選んだモノ、どれも手間がかからず、ラクをしていると思われがちですが、正にそうです。
少ない栽培面積でいかに手間を減らし、主幹産業に取り組めるか?それこそが理想としているやり方。それならいっそ、りんご辞めてしまえば?と思われる方もいるでしょう。


ただ、僕の考えとしては、稲作だけじゃなく、りんごも突き詰めていきたいという思いもあり、なおかつ少ない面積ながらも、反収を上げて、ウチの収入源の一つとして確立していきたいという思いがあってのもの。


反収が上がれば、考えが変わって何枚かの田をりんごに変えてしまう、という考えもでてくるかもしれません。


いろいろと勉強しなければならないこと、たくさんあります。稲作もロクにできない自分が、りんごの事を語るなんておこがましいことこの上ないのですが、その辺はご容赦ください。


冬になり、時間に余裕のできる時期、来年に向けて、知識層を深めていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://komenoukanao.blog6.fc2.com/tb.php/202-d15e35e1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。