スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメムシ防除。

2010年08月14日 01:48

お盆に入り、暑さもしのぎやすくなったな~。ホンっとに今年の夏は暑かった。去年とは比較にならんくらい。
あまりの暑さに農作業できなかった...ってかする気が失せる暑さだった(汗)

よ~やく落ち着いてきたので、ちょっと農作業することに。その前に、様子見~♪
DVC0000023 (4)
こうやって遠くから見ても黄色くなってきているのがよ~くわかる。穂が出てきた証拠です。
DVC0000023 (6)
ご覧の通り。
DVC0000023 (5)
ウチでは収穫がだいたい9月下旬くらい。春には、あまりの寒さに今年は収穫が延びるか~?なんて心配していたが、その心配は無用ですた。日照時間がハンパじゃなかったので、ちゃ~んと育っていきましたとさ。
んで、お盆近くになるとやる事が「カメムシ防除」
父曰く「昔はカメムシいなかったんだけどな。東北もあったかくなってきて、北上してきたんだな」なんて言っていました。
自然相手の農家。仕方の無いことです。

いっつもなら、肩に担ぐタイプの動力噴霧器使うんですが、「疲れる」「思い」「めんどくさい」の三拍子のせいで、今後はポンプ式の動力噴霧器を使って散布する方法になりそうです。ま、確かにこっちの方法のがラクっちゃあラク。ただ必ず二人必要になるのがデメリット。
DVC0000023 (3)
いつものように、オレンジの容器に500リットルの防除溶液を作り、「ブッシャァーーー」という音と共に散布。ポンプと溶液はトラックに積み、トラックで前進しながら散布。親父は散布係でワタクシはトラック運転係。なんかこうやって親父の格好みてると、よくテレビでみる消毒作業をする人みたい(笑)
DVC0000023 (2)
田んぼの脇を1速でちょ~~~遅く走ってます。

この方法のおかげでホンっとに散布作業がラクになりました(喜)ただ、背負いのタイプと違って散布にムラができてしまうので、それが今後の課題でもある。一番良いのは。背負いタイプではあるが、薬の噴射口が鳥の翼のようにバァ~っと広がって散布するあの機械があるといいんだけどなぁ~。アレ、高いんよね(泣)

あと1ヶ月チョイ。今年は収穫量は去年よりは多いハズ。肥料も念入りに撒いた効果があるハズ。楽しみやね~♪

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://komenoukanao.blog6.fc2.com/tb.php/64-dde9f439
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。